<< 閑話休題:ゴルフ雑談 | top | 第277歩:僕のアドレス時の課題 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - |

第276歩:MAT−Tで体験した手打ちを原点とするスイング改造

さて今回から数回に渡って、第4回MAT−Tのスイング解析システムの反省です。
左サイドバーには、6Iでのスイング改善の変遷を出しています。
僕としては、第3回目のテークバックから切り返し、ダウンスイングまでのスイングのカッコ(?)良さと第4回目のダウンスイングからインパクト、フォロー、フィニッシュの大きさが光っていると思います。

ということは、この2つが組み合わされば鬼に金棒といったところでしょうか??
現在は、いろいろとやっているんですが、やはり原点は手打ちですね。
少ないボディーターンで効率的に打つ

これが今の僕の課題です。

手打ちにするとどんな効果あるのか?どんな現象が起こるのか?
僕なりにまとめて見ますと次のようになります。
まず、マイナス面から
ヽ亮造縫悒奪疋好圈璽匹落ち、飛距離が落ちます。
▲戰紳になるので、体重移動を難しく感じます。
ボディーターンが少なくなるため、物足りなさを感じます。

次に、マイナスの代償として得られるプラス面です。
.棔璽襪クラブヘッドに吸い付くという、最高の打感を感じることが出来ます。
▲好ぅ鵐絢瓦離屮譴少なくなるため、反復精度が上がり、精度の高いショットが出来ます。
M招廚淵椒妊ーターンがなくなり、オーバースイングが抑制されます。

プラス面の,砲弔い討蓮∈まで味わったことないような打感を感じます。これは、マイナス面の,筬のレベルダウン的な感覚を打ち消すにあまるほどの最高の打感を得ることができます。
プラス面の△砲弔い討蓮∪催戮旅發気漏蔽覆砲△りますが、マイナス面の△里茲Δ並僚徹榮阿瞭颪靴気盍兇犬討い泙后
プラス面のに関連しては、桑田氏とは別の観点から、オーバースイングの抑制の仕方を久保田氏から教わりました。これは、別途記事にいたします。

現在の練習方法では、プラス面の感覚を伸ばしつつ、マイナス面をなるだけ改善できる様にしています。この辺は追々記事にすることにいたしましょう!

今日は、この辺で、、、、。

それでは!!
maxb-j | テーラーメイドのMAT-T | 00:47 | comments(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 00:47 | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
今月のアクセスTOP10
RECOMMEND
RECOMMEND
王者のドリル
王者のドリル (JUGEMレビュー »)
Jr.,ブッチ ハーモン, Butch,Jr. Harmon
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS